日本語教師アシスタント派遣 リンクプログラム
linkprg.exblog.jp

オーストラリア・NZの教壇に立ちませんか。
日本語教師アシスタント派遣なら








このブログはカテゴリー別に分かれています。
カテゴリーからお好みのものをお選び下さい
カテゴリ
全体
日本語教師最新news
マミーの日本語教師こぼれ話
以前の記事
2016年 12月
2013年 01月
2011年 09月
2008年 02月
2007年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
マミーの日本語教師こぼれ話 【奇跡のTAFE-ジム・フォーサイス(夫)の巻】
ジムは当時32歳でした。彼はいつも私の真ん前の席を選び、またそこは一番教室の電気が反射する場所でした。反射した光でジムの青い瞳がキラキラ光り、金色の眉毛はその光のせいで全く見えず、彼が温和な表情をくずし真剣になったときは少々恐ろしく、子供の頃、神楽で見た、般若の面に似ていました。長い間、私はジムには眉毛がないと思っていました。
ジムは私に、「近いうちに日本に行きたい。先生が日本に帰ったら訪ねていってもいい?」
と聞いてきました。
私は、「私は4ヶ月後に帰国するからそのときならいいよ。」
と返事をしました。しかし実際、突然こんな外人がうちにきたら家族はたまげるだろうな~と頭の中で思いました。
d0030622_1850453.jpg

          付き合い始めた頃のジムと私 


d0030622_18522844.jpg

              結婚1年後

[PR]
by linkprogram | 2006-07-30 17:43 | マミーの日本語教師こぼれ話