日本語教師アシスタント派遣 リンクプログラム
linkprg.exblog.jp

オーストラリア・NZの教壇に立ちませんか。
日本語教師アシスタント派遣なら








このブログはカテゴリー別に分かれています。
カテゴリーからお好みのものをお選び下さい
カテゴリ
全体
日本語教師最新news
マミーの日本語教師こぼれ話
以前の記事
2016年 12月
2013年 01月
2011年 09月
2008年 02月
2007年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
マミーの日本語教師こぼれ話 【奇跡のTAFE-いろんな人々の巻】
TAFEのクラスにはまだまだいろーんな人たちがいました。
 県知事のマーフィ、小学校校長のデービッド、デービッドの奥さんのジェーン(小学校教師)、眼鏡屋を経営している検眼師のマイケル、大きな農場に住んでいる小学校教師のヘレン、英国貴族の称号を持つ大学教授(Sir Johnと呼ばれていました)を夫に持つ、奥さんのパトリシア。パトリシアさんの出席をとるときは必ず名前の前に「Lady」をつけて呼ばなければいけませんでした。パトリシアさんの家に招待されたことがあるのですが、たいそう立派な家でした。たくさんの写真が飾ってあって中でもパトリシアさんのご主人がエリザベス女王からSirの称号を授けられている場面の写真はレイディ パトリシアさんの自慢でした。
d0030622_18583565.jpg

       ヘレンの農場でのバーベキューパーティにて

左から、ヘレン、妊娠8ヶ月の私、Sir John,Ladyパトリシア、ジェーン
[PR]
# by linkprogram | 2006-08-17 17:44 | マミーの日本語教師こぼれ話
マミーの日本語教師こぼれ話 【奇跡のTAFE-ジム・フォーサイス(夫)の巻】
ジムは当時32歳でした。彼はいつも私の真ん前の席を選び、またそこは一番教室の電気が反射する場所でした。反射した光でジムの青い瞳がキラキラ光り、金色の眉毛はその光のせいで全く見えず、彼が温和な表情をくずし真剣になったときは少々恐ろしく、子供の頃、神楽で見た、般若の面に似ていました。長い間、私はジムには眉毛がないと思っていました。
ジムは私に、「近いうちに日本に行きたい。先生が日本に帰ったら訪ねていってもいい?」
と聞いてきました。
私は、「私は4ヶ月後に帰国するからそのときならいいよ。」
と返事をしました。しかし実際、突然こんな外人がうちにきたら家族はたまげるだろうな~と頭の中で思いました。
d0030622_1850453.jpg

          付き合い始めた頃のジムと私 


d0030622_18522844.jpg

              結婚1年後

[PR]
# by linkprogram | 2006-07-30 17:43 | マミーの日本語教師こぼれ話
マミーの日本語教師こぼれ話 【奇跡のTAFE-ハンサム好青年スティーブンの巻】
22歳のスティーブンはハンサムな好青年でした。近いうちにワーキングホリデービザで日本に行くことを希望していました。彼は私と一番年齢が近かったこともあり、とても気が合いました。彼は私をバレーボールクラブに連れて行ってくれ、私は毎週バレーボールを楽しむことができました。彼がある日、「クリスマス休暇を1ヶ月取った。サチコ先生、1ヶ月日本に行って、いろんなところを見てみたいんだけど。」と相談して来たので、私は彼のために日本の私の知り合い、全てに連絡を取り、ホームステイをお願いしてみました。
名古屋の私の大学時代の教授、熊本の中学校の体育教師をしていた大学時代の友人、私がオーストラリアに来る前にお世話になった広島の教育委員会の指導主事さんがスティーブンのホストファミリーを引き受けてくれました。
 
d0030622_18453482.jpg

         私のホストマザーに抱っこされているスティーブン

[PR]
# by linkprogram | 2006-07-28 17:42 | マミーの日本語教師こぼれ話
マミーの日本語教師こぼれ話 【奇跡のTAFEクラス-セーラとアリスの巻】
次に若い子は16歳のセーラで、「お金持ちお嬢様学校」に通う、いかにも若い女子高校生らしい子でした。セーラは大豪邸に住んでいる大金持ちの娘で、一度TAFEの教室が突然使えなくなったことがあり、彼女の家でレッスンをさせてもらうことになりました。TAFEのクラス全員で彼女の家を訪問したのですが、ものすごーいお城のような家でした。


d0030622_1843312.jpg
       お城のようなセーラーの家 
その次に若かったのが17歳のアリス。アリスは50歳の父親、ブルースと2人でTAFEに来ていました。アリスの母親はベトナム人で、ブルースは昔ベトナム戦争に行って、その時に出会ったのがアリスの母親だそうです。後に2人は結婚し、アリスが誕生したということです。アリスの目は青かったけど、顔全体はアジア系でした。ブルースはアリスのベトナムの名前を漢字で書いて教えてくれました。ブルースはひらがなはもちろん、漢字も書け、彼の日本語は既に上級ともいえるほどでした。しかしとうとう彼はどこでどうやって日本語を習得したのかは教えてくれませんでした。大きな秘密のようでアリスも父親の昔のことは知らないと言っていました。
[PR]
# by linkprogram | 2006-07-27 17:41 | マミーの日本語教師こぼれ話
マミーの日本語教師こぼれ話 【奇跡のTAFEクラス-最年少リチャードの巻】
水曜の夜のTAFEクラスは、私の思い出のクラスです。そのクラスにはいろーんな生徒がいました。一番若い生徒は15歳のリチャードで、地元の有名私立高校の生徒でした。高校の日本語の授業が物足りないという理由でTAFEに来たようです。日本語が大好きで、頭の良い、実に大人びた(見た目は30過ぎのおじさん?!)落ちついた子でした。2年後に、ラ・トローブのエリアから40名ばかりの日本好きの人々が集まり、私が引率となり日本に来たのですが、そのメンバーの中にリチャードも入っていました。広島での自由時間のときに「リチャード、どこに行きたい?」と聞いたら「日本語の辞書がほしいので大きい本屋に連れて行ってほしい。」との答えでした。同年代の高校生達は、勝手に広島の繁華街をうろついて楽しんでいましたが、リチャードは、こんな生徒でした。立派なもんです。
d0030622_17443291.jpg

           ラ・トローブ 修学旅行団 愛知県春日井市の小学校にて

[PR]
# by linkprogram | 2006-07-20 17:40 | マミーの日本語教師こぼれ話