日本語教師アシスタント派遣 リンクプログラム
linkprg.exblog.jp

オーストラリア・NZの教壇に立ちませんか。
日本語教師アシスタント派遣なら








このブログはカテゴリー別に分かれています。
カテゴリーからお好みのものをお選び下さい
カテゴリ
全体
日本語教師最新news
マミーの日本語教師こぼれ話
以前の記事
2016年 12月
2013年 01月
2011年 09月
2008年 02月
2007年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「日本語教師こぼれ話」オーストラリアに着いた!
私はコワーイ人たちに囲まれ、いろいろ質問されましたが、もちろん何もわからす「This is just a toy.」と言いながら刃先を指に当てて模造刀であることをわかってもらおうとしました。やっとのことで、彼らは私に何か聞くのをあきらめてくれて、到着ロビーに出るように促しました。気分は暗く、「これからどうなるんだろう?どうやって学校まで行こう?」と、とぼとぼとロビーに向いました。そして、ロビーに出た瞬間、私はSACHIKOと大きく書いてある模造紙を掲げている集団を発見したのです。SACHIKOと書いてある下には、以前、私が送った写真が全部貼ってありました。その集団は、私を見つけると「サティコ、サティコ」と叫びながら近寄って来ました。それは、私を受け入れることになっていた養護学校の校長先生と事務長と家族で,
総勢8人もいたでしょうか。私はこんなに派手に出迎えられて、うれしくてうれしくて。しばらくして、この二家族が交互に私のホストファミリーになってくれるとわかりました。

最初のホストファミリーは、校長のキース・ラベルの家族でした。メルボルンからラ・トローブ地区にあるキースの家まで200キロありました。メルボルンは街でしたが、空港から車で30分も走ると農場ばかりが広がる景色にかわりました。どこもかしこも緑色で、建っている家々には必ず煙突があって、童話の挿絵にあるような家ばかりでした。
               ドライブの途中での景色

d0030622_13473513.jpg



キース・ラベルの家は、丸太でできていました。
                   キースの家

d0030622_13433863.jpg

[PR]
by linkprogram | 2006-01-17 17:10 | マミーの日本語教師こぼれ話