日本語教師アシスタント派遣 リンクプログラム
linkprg.exblog.jp
「マミーの日本語教師こぼれ話」日本語教師は人気者
バーリンガー養護学校と、ニーリムサウス小学校、高校で日本語を教えるようになって2ヶ月が経った頃、周囲の学校から「1日だけ、日本語を教えてほしい。」と出張講師の依頼の電話がかかるようになりました。どうやらバーリンガー、ニーリムサウスの先生や生徒が広めたようです。
一度、ある学校に1日出張講師で出かけると、次の週には噂を聞きつけた別の学校から、「ウチにも来てほしい。」という電話がかかるという感じで、私は毎週いろいろな学校に出向きました。お金持ちの子女ばかりが通う、学費もとても高そうな私立のハイスクールに行く日があるかと思えば、ブッシュ(森)の中の全校生徒が20人ぐらいしかいない小さな小学校など、実にいろいろでした。
d0030622_15531798.jpg

  
                ニーリムサウス高校にて



大きな学校より、小さな学校の方がフレンドリーで、教える私も楽しめました。回を重ねるごとに1日出張講師も板につき、1つのクラスに6時間続けて教えるバージョン、平和教育(私は広島出身ですので原爆について資料を見せながら話をしました。)などいろいろなバージョンをつくりました。
[PR]
by linkprogram | 2006-04-17 17:30 | マミーの日本語教師こぼれ話